--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 TOP↑
2005-08-08

ぶちゃけ中2。

ぶっちゃけ、わしの初体験14歳の冬、中2ン時。

はい、なんでこんなアホアホな事を今言うかというと・・。

最近、このブログでレギュラー化し始めてるが原因。

事の始まりは2年ほど前。

初めて出来た彼氏、そして初めての経験をしたS・・。
後日、そんな話で盛り上がってたその時、Yは信じられない言葉を口にした。

Y「実は処女じゃなかったの、すごく驚いてるみたいで。ぶっちゃけ、私もマリリン(わし)と同じく中2の時に初体験しちゃってるんだよねー。」


全員「はぁ~?(゜Д゜;)」

=======================

こいつね、消しゴム拾ってくれたクラスメイトの男子を何つったと思います?

Y「絶対、あいつ・・私のこと好きなんだよ、だって分かるもん。消しゴムまで拾ってくれたし」

全員「いやそれフツーですから!!」

=======================

こいつね、後ろを歩いてる男性に対して何つったと思います?

Y「やだぁ~ストーカーだよ、絶対!だって前にここ通ったときもいたし、見たことあるもん!」

全員「ただ歩いてるだけだ!!」

=======================

ティッシュ配ってるお兄さんに何つったと思います?

Y「やだ・・触らないで!!(ダッシュで逃げ)」


全員「・・・ポカーン」


=======================

男性に免疫もない、しかも好きな人とは話せないようなYが中2に体験済み?

全員心の中『ありえねぇ・・』

そこでわし等は聞いてみた・・。

「ねぇ、相手どんな人?」

Y「うふふ・・・ 




 マリリンにだけ教えてあげる、こっちきて!」

そういって呼び出されたわしが聞いた相手の情報・・
それはまさに驚愕の言葉だった。

Y「実はねー同級生のー・・女の子なの!!きゃは」








女の子なのー・・





女の子なのー・・・・





女の子なのーーーー・・・・・




女の子なのーーーーー・・・・・・・・・・・・・







工エエェェΣ(-`Д´-;)ェェエエ工





わし「そ・・・そ・・そうなんや・・」



汗だくのままみんなの下へ戻り、何事もなかったようにまた元の話をし始める・・。
みんなは「後でマリリンに聞けばいっか」とその場を流す・・。

わし、一人だけ汗だく、涙目、死に物狂い。




皆、一旦バラバラに帰り、そのご駅前に集合・・。
そして、あの時の衝撃を伝える。

わし「あんさー・・実は・・相手・・女なんやて言ってた・・。」





Σ(-∀-;)Σ(-∀-;)Σ(-∀-;)





皆「マヂで・・?」




わし「・・うむ。本人はそう言ってる」





(@゜m゜@)プッ


M「ねぇ、それってYが自分で破っちゃったんじゃないの?処女膜・・(爆笑)」


(*≧∀≦)(*≧∀≦)ニャハ


全員「それ言いすぎー!!(笑)」


サイテーだ・・分かってる。
私たちがサイテーなのは、百も承知だ。

でもな、どう考えてもYが女の子と・・しかも中2ン時なんてありえないって。


=======================


証言1 高校の同じクラスでYと中学から同クラスだったIの証言。

「っていうか、あいつ友達一人もいなかったし。何よりあんな顔であの性格でしょ?先生からも好かれてなかったみたい」



=======================


証言2 Yの中学時代のクラスメイトでわしの現友達Rの証言。

「あの子さーいっつも一人でブツブツ文句言ってて、正直キモかったんだよね。それに、体育祭で男子と踊るときもさぁ『私のこと好きだから踊ってくれるんでしょ!』とかって男子更衣室入って、先生に取り押さえられてたし(笑)
 男性に免疫はないし、女子にも友達いなかったよ。」


=======================

たった2人の証言だが、高校時代の行いから見ると、どうしてもYの妄想だとしか思えない。

そんなYが最近彼氏のいないわしに対してムカツク発言を繰り返す。


「っていうかさぁ、アンタもいい加減フェロモンだしたら~?そんなんじゃーもう一生できないよ~?」
「ホンジャマカの石塚顔の人のファッションパクルしか脳のないアンタに言われたらわしもお仕舞だな」

「その髪、もう茶色なて流行ってないし!今は黒髪でしょ~?バサバサッ」
「お前の髪は伸ばしてるんじゃなくて、ただ伸びただけだろうが。いつだよ、最後サロン行ったのは・・。」

「っていうか、私の彼氏の友達紹介してあげようか?」
「お前の彼氏、38だろ?20歳の身空でそんなおじさんしか相手にしてくれないアンタを悔やむよ」



しかも、悩みを聞いてとか呼び出しておいて結局はエロ話だしね。

「私って、舐めるのうまいみたい!彼氏が気持ちいいって言ってくれるの。」
だの
「私ってぬれにくいから、彼氏がローション買ってきてくれるの!」
とか・・。

舐めるのうまいって、そりゃーアンタが初めての彼氏にしてみれば初めての快感だろう・・気持ちよくなかったら噛んでるか、よほど下手糞なんだよ。
濡れにくいって事は、彼氏が前戯するの慣れてないんだね・・可哀想に・・。




未だにこの話はわし等仲間内で笑い話として語り継がれている。

「Yは自分で処女膜破った挙句、

 妄想で女友達とヤッちゃったことになってる」

スポンサーサイト
友達に愚痴(≧◇≦) コメント(0) トラックバック(0) TOP↑

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shout2.blog17.fc2.com/tb.php/7-786c54b4

 | HOME | 

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS




RECENT TRACKBACKS






OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。